MY ONLY PACE

病気、HSP、セクシャルマイノリティと生きづらさを抱えたアラフォー男です

友情結婚PART②


前回の続き
友情結婚に活路を見出した私は友情結婚専門のお見合いイベントに参加し、連絡先を交換しまくりオフ会を開く・・・。
の流れです。

 

このオフ会もストレスだった。
セクシャルマイノリティということなので、ゲイとレズビアンの結婚・・・と思う方も多いかもしれないが、意外と恋愛感情を持てない「アセクシャル」、セックスに対して興味がない、拒否感がある「ノンセクシャル」の方も一定数いた。
※この辺詳しくないから定義間違ってたらすみません・・・。

 

この人たちも人間的には悪くはないのだが・・・。まぁ噛み合わないのである。
正直、コミュニケーション障害ではないかと感じたこともある。

本当にムカついたのが、ノンセクシャルの女に「男は(性器)突っ込めばいいだけでしょ?」などと発言され、ふざけんな💢と思ったこともある。
こっちだって興味のない体に興奮できるか!って話である。

 

ゲイやレズビアンだからって気が合うわけではない
要は世間体を大事にする人が多いから、自慢気な人が多かったり面倒である
今現在、連絡を続いている人はいない

 

本当に今だから言えるが、セクシャルマイノリティも個性の一つではないかと思う
同じだからって気が合うものではないとつくづく感じる

 

あまり個人的なことは避けようと思ったが、もう時効かつ、どうしても受け付けない人がいた
某ゲイ男性は、確かだいぶ年上(アラフィフ?)だったが二回り以上年下だかの恋人がいて、常に私生活を自慢してきて不快指数100%だった
が、行動力はあるのでオフ会を共同開催したこともあるが、嫌いな人と何かをやること自体が間違いだったと思う
結局彼は友情結婚に成功したらしい(子供作るまで進んだかは知らない)
が、勝手にしてくださいという感じである
本音で羨ましいとは思わない
そしてもう2度と会いたくないのと、彼の職業にトラウマになって、その職業の人と会うと今でも若干抵抗感がある
どう言う形態かは知らんがこんなのと家族になるなんてまっぴらである(結婚上のパートナーへの心配)

 

後は色々な縁でゲイとレズビアンでお互いパートナーがいて、共同でマンションまで買って・・・。
と進んだお二人に会ったこともあった。
友情結婚の先駆者的に当時は感じていて色々聞きたいと思って食事会など呼ばれたら行っていた
ただ、冷静に考えるとお互いの両親との関係、パートナーとの2重生活、子育て・・・。どう考えても甘いものではない。
男性の方はSNSでフォローしてた時代もあったが、わりとリア充自慢の投稿が多く(これから子育てするというわりに遊んでばかりでなんか受け付けなかった)、嫌悪感が強くなってしまい当時フォローを外すということはほとんどしてなかったにもかかわらずSNSを外した。よほどダメだったのである。
彼も、苦手な職業である。(あえて具体的に職業名は書かないが偏見でごめんなさい(-。-;))

 

 

そのほか、古き良きmixiというサイトでもお見合いイベントに参加したこともあった。
若干、のめり込み過ぎて私は友情結婚のエキスパート(悪く言えば主)のようになって、何度か会った人と会うようになってきた。
Mixiのイベントはピクニックしたり、わりと楽しめることが多かったが、参加者(ゲイ)にどうも好かれてしまったりのハプニングがあり、ただ私が生理的にNGで。
某芸人さんに似てたのだが、数年苦手になってしまった。今となっては好きな芸人である。
その人たちもどうなったのかはわからない。

 

フリー掲示板で募集という方法もあったようだが、ゲイの掲示板出会いの方が大事だったり、顔が見えない相手にそこまで熱量を持てず試したことはなかった。
ただ、今考えると掲示板(かつフリー)ので結婚相手探すってすごいよね・・・。とは思う。
やらなくて良かった。

 

私の中でまともだと思う人たちはパーティ後も2〜3年ほど連絡や、たまにご飯して情報交換もして。
その間に私が病気になり、その辺も話したりする関係性にはなり、治療が終わった後は快気祝いをしてもらった。
こういった関係性にまでなれたのは感謝ではある。

 

ただ、どうしてもセクシャルに壁を感じ、その頃には私は友情結婚を選ぶべきではないなと思ってしまい、全て自然消滅した。
そのうちの1組は同棲まではされていたようである。
お互い人間的に良い人で、子供を作ることなどはゆくゆくとほんわかしたカップルであったと思う。
彼らについては結婚であれ、良いパートナーであって欲しいと思う。

 

結婚に関しては選択肢は増えたが、日本でLGBTが子供を持つとなると、海外のように代理母などは難しいだろうし、パートナーシップでは養子もなかなか困難である。
これも、子供を持ちたいという選択肢への思いがどれくらい強いかと、それをどうしていくか
当事者の2人が考えていくことであると思う

 

話が戻ったりで恐縮だが、先程の同棲までされたお二人はアセクシャルノンセクシャルだったので、ほかにパートナーはいないが、ゲイとレズビアンの結婚予定者は外でパートナーがいるのである。(どっちかは忘れたが、恋人が本当に大事だと言っていた)
子供は必須らしく体外受精を検討してたそうだが、(当事者の)パートナーと子供の関係って本当に微妙じゃないかと思う。
風の噂程度だが、実際に子供は作っただか、作る前にダメになってマンションの関係でトラブルになったと聞いたような?
そりゃパパママ4人いりゃ揉めるわな
女性側がすごい気が強い感じで、私たち女性同士の子供よ!とか言いそうな感じはあった(実際は知らないが、そう言う可能性は否めない)
それは本人たちが決める話なので、好きにすれば良い。まぁどうでも良い笑

そんなのを考えるといびつな歪んだ関係に見えてしまったというのも友情結婚を辞めた原因の一つでもある。

 

お見合いパーティの開催は急に開催されなくなり、当時は友情結婚向けの掲示板も多少盛り上がっていたが、私の熱とともに下火になったようである。(私の影響は全くない笑)
当然、それ以来はチェックしていないが、おそらくの想像だが、男女が見かけ上は言葉は悪いが「偽装結婚」を目的としているように見えなくもないので掲示板サイトによってはNGだったりということも影響している可能性はある。
すでに興味がないので真相は?だけど。

 

検索をしてみたらちらほら友情結婚のツールはまだあるようだ
少なからずであるがパートナーシップは普及しつつあり、生きやすい社会にはなってきている(はず)
短絡的な結論ではなく、よく吟味してお互いがそして子供が幸せになれる選択肢を見つけて欲しいと思う

 

そんなこんなで、黒歴史 友情結婚編でした⭐️

おもしろおかしく黒歴史としましたが、いわゆる「友情結婚」という形での結婚や子供を設けることはキッパリ諦められたので、これはこれで良い経験だったと思っています。
時間の無駄だった感はあるけどね。

最後に、内館牧子さん脚本の「週末婚」というドラマがある。
松下由樹永作博美姉妹の骨肉の争いである。
大きなテーマとしては結婚のいいとこ取り「週末婚」をめぐる話だ。
私の好きなドラマだしゲイはファンが一定数いるらしいが、結局はこれに近いんだと思う。
週末だけ会うという「週末婚」を成立させる夫婦もいるし、失敗する結婚もある。ドラマでは・・・。ネタバレだから動画サイトで見てください。笑
友情結婚も然りである。

中村うさぎさんという作家はゲイと結婚され、彼女の病気とは違うが私も似たような難病で苦しんだ時にエッセイを見たが、夫との夫婦関係は羨ましく感じた。
ある意味子供なしの友情結婚成功者じゃないかと思う。

長文読んでくれてありがとうございます❤️

友情結婚 PART① 黒歴史

友情結婚
定義は曖昧だが「友情」で結婚する
主にセクシャルマイノリティなどの事情を持った人たちが「愛情」ではなく結婚する
というもの(と私は解釈している)

 

2010年頃だろうか
アラサーに差し掛かり、そこそこの社会人になり、周りの結婚ラッシュなどに焦り始めた私は結婚、子供を持つことを意識し始めた
セクシャリティはゲイを自認して、ほどほどにゲイライフを楽しんでいた

 

ただ、HSP気質(感受性が人よりかなり高い性格)で周りの目を気にする性格が影響して、独り身でずっといることに恐怖を感じていた
40、50と歳を重ねたときに「あの人まだ結婚してないの?」と言われるのが嫌だったのだ

 

今となれば、未婚率はかなり上がり、多様性も認知されつつあり、結婚をしない・子供を持たない選択肢も認められて来ているが、私の中では社会に反しているのではないかという強迫観念に囚われていた
これもHSPの気質の影響ではないかと思う

 

そんなこんなで引っ掛かったキーワードが「友情結婚

世間体的には妻がいて、子供がいて
でもそれとは別にパートナーはいて
それが理想なのでは?と思ってしまったのである

色々気にする性格ではあるのだが、「これだ!」と思うと私は行動が早い

 

早速検索をしてみて、色々とサイトが見つかった。
今さっき検索してみたら、まだMILKという友情結婚サイトが存在した。
いわゆる友情結婚に特化した結婚相談所的なサービスである。
残念ながら私はこれは無料のみの登録で実際には利用していないが、噂では成婚者は一定数いるらしい(成婚が多いかは知らない)

 

刺激を求めるHSS型HSP(刺激を求める傾向だけど、感受性が高いから疲れやすいって面倒な気質(笑))な私は、お見合いパーティ型のイベントに参加することにした。
当時ゲイ活動でもわりと飲み会に行ってしまうことが多く、実際にあってお酒飲みながら・・・。がいいと思っていた節もある。
(結局この形式を選んで良いのか悪いのかはわからない)

 

もう消滅してしまったが、とあるイベント会社の主催で基本はお見合いパーティ
・よくある会議室で5分くらいごと交代でプロフ交換の形式→自由トークというオーソドックスパターン
・都心のクラブを貸し切り、最初はテーブルごとで全体的にフリーパターン
の2パターン
でどちらとも何回か参加した。
料金は5,000円だっただろうか。

 

今考えると、世間体のために
が原動力なので、目の前の女子に全く興味はない
しかし、こういった場だと「男」の積極性を求められ、今思い出しても本当に疲れるパーティであった
ゲイは女子寄りと言うか受け身寄り(人によるが)で、少なくとも性的興味のない女性にレディーファーストなんて縁がないので求められても困るのだが、ビアンは一般的な男を要求してくるし、その他セクシャルはそんな理解がないわけで

 

私も大分おかしい性格をしているが苦笑、参加者もみんながみんな世間体を気にして真面目な人っていうことではなく、明らかにあなたLGBTとかじゃなく、メンタル的に病気なだけじゃないか?と思う人もちらほらいた。(今となっては何とも言えないが)

 

結構衝撃的だったのは、会議室形式の時の石原真理子風おばさんである。
知らない世代の方はGoogleさんに聞いてください笑
私もお騒がせ時代しか知らない

 

私はアラサー、相手は40代半ばだったろうか。
「あたし、ライターなのー。100万くらいは自分で稼ぐからー」(桃井かおり風というかなんというか)
石原真理子(ヤバくなった頃)に言われても全く響かないし、全く結婚生活も見えないし、この人との子供を欲しいとも思えない。
私の心は貝となった笑

まぁこの人に限らず、結局「世間体」を重視に探す人が多いわけで、面倒な人が多いのである。
明らかに私に経済的なものを求めることも多かった気がする。
すごい可愛い女の子がいて、ゲイでありながら心揺れたが「セックス依存症」らしかった
なんか受け付けず連絡先は交換していない

 

のめり込む性格の私は、わりかし男女問わず連絡先を交換した。(人として繋がれそうという基準は守って。当然石原真理子とは交換していない笑)
後日オフ会をやったこともある。自分の企画で。

 

少し長くなりましたので、PART②に分けます。

読んでいただきありがとうございます❤️

G(ゲイ)かT(トランスジェンダー)か LGBT

LGBT」とは:レズビアン(女性同性愛者)、ゲイ(男性同性愛者)、バイセクシュアル(両性愛者)、トランスジェンダー(性同一性障がい者を含む、心と出生時の性別が一致しない人)のアルファベットの頭文字を取った言葉で、「性的少数者の総称」として用いられることもあります。

と教科書的な定義を一応書いておきます笑

最近は上記に当てはまらない人への配慮も踏まえてLGBTQとしてQにその他のマイノリティを・・・。
という傾向のようです。

さて、タイトルですがGかTか。
要はトランスジェンダーかゲイかって話です。

私のセクシャリティは?と聞かれたら「ゲイです」と答えます。(カミングアウトはしてないので、場はわきまえますが苦笑)

この記事を書く前に少し幼少期〜思春期を振り返ったんですね。
昭和生まれのアラフォーの幼少期はまだまだ「男は男らしく!」という風潮が根強いもので、「多様性って何?」って感じです。

記憶の範囲ですが、ゲイは「オカマ」として笑い者の対象で、もれなく私もことあるごとにバカにされて辛い思いをしました。

まぁこの辺はゲイあるあるとして置いておいて。

幼少期の写真を見たり、記憶を辿るとリボンや可愛い服(スカート)に憧れていたり、
遊ぶのは女の子とばかりだったり、アニメの興味も戦隊モノより魔女っ子シリーズ(時代か笑)だったり。

この辺もゲイあるあるかもしれないんですけど・・・。

ふと考えると、ゲイ=女性ぽいから↑こういった女性的なものに興味があるでしょ?
片付けられているんですが、
そもそも女性になりたかったんじゃないか?
って前提はあまり考えてないんじゃないかなと思うんです。

私の幼少期の当時性転換や戸籍変更なんてほとんど耳にしません。
カルーセル麻紀さんなどは積極的にそういったことをされていますが、公表してそのようなことをできている人はほとんどいなかったと思います。

今から女性になりたい!
ってことはないのですが
手術の大変さや、戸籍変更となると本当に大変だし、じゃあノンケ男と交際してて結婚したいのかってわけでもないし。

ゲイで10数年暮らしてしまうと、まぁゲイなんだろうなってそこは違和感ないし。

ただ、まっさら(じゃないかもしれんが)な幼少期・思春期時代でゲイとか性同一性障害というのを偏見とか差別とか気にせずどれだろう?
って考えられたら女性になりたかった(=性が一致しない)というセクシャルの選択肢もあったのかもしれないなと思うことはあります。

あくまで一例ですが、タレントのKABA.ちゃん(さん付けるべき?)が女性に戸籍変更をされました。
正直、最初聞いた時は女性顔に近づけるため度重なる手術、ホルモン治療、最終的に性転換手術と、いわゆる「オネェタレント」として確立していてダンサーとしても才能がある方が、ここまで苦労して女性を手に入れるの?
と感じてしまいましたが・・・。

今考えると、女性がしっくり来たのだから一度きりの人生選択されたんだと思います。

私はほとんど最近テレビを見ないので、KABA.ちゃんがテレビに出ているかはわからないのですが、「オネェ枠」というのは強い(人気がある)と聞きます。何となくの感覚ですが女性になった(=いわゆるオネェイジリができない)ということでタレントさんのお仕事的には減ったのかもしれません。

ただ、ありのままでない姿をどうこう言われるのってしんどいですよね。
芸能人も自分とファンから見える姿のギャップに苦しむって聞きますし。

そういった意味では彼女は自分らしい生き方を選択できた(女性になれた)のだと思います。

かといって、性転換手術や戸籍変更はまだまだ大変ですし、手術にはリスクもあります。
YouTubeの動画で見た情報のみですが、性に違和感があって戸籍変更までされた。
だけど、変更後にさらに違和感があって苦しんでいる人のインタビュー動画でした。(結局同性愛者がしっくりくるということだったらしい)

でも、これも私は一部共感できます。
ノーマルであること(同性愛者でなくなる)ってことは今までの差別から解放されること。
何度ノンケの人生を歩めたら良かった思ったことでしょう。
この方の気持ちの詳細はわからないけど、もしかするとノーマルに憧れていた・・・。可能性もあって急いで戸籍変更されてしまったのかなとも思います。

例えばですが、いわゆる社会に出る20代のうちに性を変えられたら社会にも性別変更の事実がわかりづらかったりメリットはあると思います。
かといって急いで自分の体を弄ったり、勢いで変更をしてしまうことが幸せにつながるとは限らないと感じます。

決して進めているわけではなく、リスクと求めるものをしっかり見極めて後悔のないセレクトをする
ということが重要なんだな
と感じました。

読んでいただきましてありがとうございました❤️

 

 

自己紹介 初めまして

初めまして
SHEEPと申します

ブログは何回かやったことはあるのですが、特定テーマ(主に病気)のみで書いていました。

寒い田舎出身の昭和生まれアラフォー男で、わりと小綺麗。
ゆるキャラ体型。
肌艶は褒められます。笑

今の時点でお伝えしたいなと思う私の特徴

HSP気質(HSS型HSP傾向)
HSPとは、生まれつき「非常に感受性が強く敏感な気質もった人」という意味で、「Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」
端的に言えば、人の目を過剰に気にしたりしてしまい非HSPの方に比べると気疲れしやすい気質があります。内向型の人が多いのですが刺激を求めやすいHSS型の気質もあり、疲れやすいくせに刺激を求めるって・・・。若干面倒な気質です。

②がんサバイバー
血液がんに罹患したがんサバイバーです。
抗がん剤治療を経て今のところ寛解(治療終了し症状が落ち着いている状態)を維持しています。

③難病経験者
自己免疫疾患の難病を抱えています。
難病認定も受け、投薬治療しながら再燃したり・・・。頑張って生きてます!笑

セクシャルマイノリティ
L「G」BTのGにです。
男性が好きな男性です。

これだけ色々抱えているのですが、メンタル疾患の診断は付いたことはなく・・・。

自己分析ではあるのですが、セクシャルマイノリティで生きづらさを抱えているにも関わらず、HSP気質で人の目は気にする→より生きづらさに拍車
そういったストレスで免疫が弱ったりで、心が抱えきれない分を体が全部受け止めてくれて、がんや難病が発症したのかな・・・。
なんて振り返っています。

趣味はおいおい色々書いて行きたいですが、

ピアノ
ダンス
旅行
食べ歩き
ゲーム
漫画
動画鑑賞
ヨガ
投資
心理学(一応カウンセラー資格あり)

わりと多趣味です。さすがHSS型HSP
運動(球技)は出来ないから嫌い。笑

いつまで続くかですが、自分の発信したいように自由に皆さんに伝えられたら嬉しいです。
よろしくお願いします!